2014年12月31日

日本海側が寒波で大荒れ。
強い寒気の影響で横浜も冷たい北風が吹いていました。

追い掛けられながらの12月、
気がついたら、もう大晦日です。

みなとみらい入り、今年もここで新しい年を迎えます。
mm21














大晦日の強風。
そんな日は空が澄んでいて夜景もひときわきれいです。

あと約8時間で新しい年が明けようとしています。

2014年という年・・・
弊社は10月22日に11周年を迎えました。
1昨年の10周年の際には私達の弟の急死により企画させて頂いていた
パーティーをキャンセルし、多くの皆様へご迷惑をお掛けしました。

今年で1周忌が過ぎましたが、11周年祝い と一瞬、頭には浮かんだものの・・
やはり、どうしてもお祝いをしようという気持ちにはなれませんでした。
この1年、仕事はきちんと責任をもってやってきたつもりです。あくまでも仕事で、、、
仕事では様々な席に参加してきましたが、自らお祝いの席を設けるという
ことはありませんでした。
私達の悲しみは1年が過ぎようとも増すばかりで、勿論、今年も見送ることになりました。

そんな時、弟のことをよく知っていた親しい方の細やかなお心遣いで思い出の
虎ノ門という場所で心の篭ったお祝いをして頂きました。
少しでも姉妹には美味しいものを食べてもらいたいと、特に私には好きな
シャンパンをたくさん飲んで下さいねと言って下さいました。
こんな優しい方に励まされ、久々に美味しい高級なシャンパンとお肉を戴きました。
思い出話も沢山して頂き、時にはビジネスでの厳しいお話もあったりと、、
私達姉妹にとりまして充実したひとときでした。感謝の気持ちでいっぱいです。

美味しいワイン、美味しい食事・・・
食べることも迷うことが多かったです。
きっと弟も食べたかっただろうな、とか、もっと美味しいものを食べさせたかった、
とか色々思ってしまう・・からです。
彼のことを思うと自分達だけが高級なものを食べていていいのだろうか
粗食でなければいけない・・という気持ちにいつもなりました。

しかし、元気な姉妹でないと
周りからも心配されて、健康にも害を及ぼしますよと言われ、体力をつける為に
少しずつ美味しいコースを戴きました。

そんな中、今月弟を一番に可愛がっていた私達の104歳の祖母が
重篤な状態で運ばれ現在、入院中です。年を越せるかどうかと言われています。

なぜ、悲しみは続くのだろう。もうこれ以上、何を失えば私達は救われるのだろうかと
本当に思いました。この状況で大晦日〜元旦にかけての現場は非常に辛いです。
しかし、昔から働き者だった祖母は私に「仕事は一番大事、健康なうちに
うーんと働いて稼ぎなさい」と常日頃口にしていたので、今年の大晦日も
頑張らないといけないと思いました!!

もう泣いてはいけない、
くよくよしてはいけない、
元々、笑わないけど、笑えるようにならなきゃいけない、
何も知らない人が多いのだから・・・

悲しみの中、社会にもメディアにも追いついていけない1年だったような気がします。
流行語もあーそうなんだという感じで、何が起きたか、人に聞いたりネットで
調べたり、経営者として恥ずかしいですが、いつも余裕なく慌てていました。

そんな私を学生時代の友人やOL時代の親友、沢山の同業仲間が励ましてくれました。
私と同じように大切な家族を急に失った友人もいました。
その友人からもらった慰め、いたわりのメッセージは一生、忘れられません。
私の気持をわかってくれて、あたたかく、大切に思ってくれました。
とても思いやりのある言葉をもらい、その友人のお陰で心が救われました。
ありがとう、大切な私の友達



記事と重複しますが、一応こちらでも2014年を振り返りたいと思います。

嬉しいニュースと悲惨なニュースと様々な話題がありました。
今年入ったばかりに東京五輪組織委員会が発足されて、
ソチ五輪で日本は金メダル1個、銀が4個、銅を3個も獲得しました。

春にはSTAP細胞論文に改ざん不正が発覚して、その夏には
論文執筆の中心人物の一人だった理研発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹さんが自殺。
真面目で優しそうな笹井さんの姿は忘れられません。きっと深い事情があったに違いありません。

新年度からは消費税8%がスタートしました。5月には日朝政府、拉致被害者全面調査で合意。
6月に世界文化遺産に「富岡製糸場」が登録されました。

7月に集団的自衛権を限定容認、政府が新見解。
そんな中、7月〜8月にかけて「危険ドラッグ」の事故が相次ぎました。
事故に巻き込まれて大切な命が沢山奪われました。つくづく神様はいなく、
人間は不平等だと感じました。罪を犯してしまった人には生涯にかけて償ってほしいです。
犠牲となった被害の方々のご冥福を心よりお祈り申しあげます。

真夏の8月、大雨の影響で広島市北部の土砂災害、74名の命が奪われました。
9月には全米テニスで錦織圭が準優勝するという喜ばしいニュースもありつつ
その月の27日には御嶽山噴火で57名が命を失いました。
決して避けられない自然災害の恐ろしさを日本中の人が感じたはずです。
テレビ画面では一瞬、あの東日本大震災の津波を思い出させる光景がありました。

10月は青色LEDを開発した赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏に
ノーベル物理学賞が贈られました。LEDはクリスマスイルミネーションでも大活躍して
いましたね!我が家でも飾りました。昨年は慎みましたが、今年は2階と3階の
バルコニーに装飾致しました。弟が好きだったクリスマスイルミネーション。

その翌月の11月、日本映画界のスター、高倉健さんが死去。
世界的に有名だった高倉さんの死に多くの著名人、俳優、ファンがショックをうけました。
そして、アベノミクスの評価を問う衆院選が先日行われました。

イベント業界ではアナ雪、妖怪ウォッチブームで多くのパフォーマー、アーティストも
曲に組み込んだり、参考作品としてアレンジしたりもしました。
権利の問題は厳しくなっているので微妙ですね。

また、4年前から急速に普及した3Dプロジェクションマッピングが今年も大きな話題となりました。
ますます人々の関心を集め、新しいエンターテイメントとして今後もイベントビジネス活用の
期待が大きくなりそうです。

今年もひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
ご一緒にお仕事をさせて頂いたパフォマー、アーティストの皆様、取引先、代理店の皆様、
同業者の皆様、関係者スタッフの皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。

来年も変わらぬご指導を賜りますようよろしくお願い申しあげます。
どうかお元気で、輝かしい新年をお迎えください。

大晦日のみなとみらい現場にて

有限会社デスティニィプランニング
代表取締役 武本眞由巳