2015年3月11日                                  


東日本大震災から今日で4年が経ちました。
14時46分、中継をみながらオフィスで黙とういたしました。
改めて、震災で亡くなられた方々の
ご冥福をお祈りいたします。

rp_vol7-18-300x201








 ↑ SAE様ウエブサイトより
 
あの日の映像がまた、流れました。
いまでも胸を締め付けられるおもいです。
津波直撃のシーンはあまりにも衝撃的なため、画像掲載は慎ませて頂きました。
震災の全国の犠牲者は死者1万5891人、行方不明者2584人の                
計1万8475人に上るといわれています。
4年という年月が過ぎた今でも、被災地では半壊した家屋の解体作業や、
側溝に詰まった粗大ゴミの片づけ、震災で使えなくなった漁のアミの修理などの
復興作業がまだまだ行われています。

時の経過とともに、日常を取り戻すことができている人も多い反面、まだまだ困難な状況の中、
復興への長い道のりを覚悟しながらも、 必死にがんばっている人がたくさんいること、
改めて実感致しました。

絆・・

がんばろう日本・・・

ひとりじゃないよ、ひとつだよ・・・

明けない夜はない・・・

という言葉が震災直後からたくさん流れました。

今日は3.11という誰もが思い起こす日、
話題にも必ずなります。
しかし、それが過ぎたら、
明日になったらどうなるのでしょうか。

この節目を機に、もう一度私達は自分自身、何ができるかを
考えてみたいと思います。
苦境に立たされている方々に思いをはせながら・・。


そして、人と同じ、もうひとつの大切な命がありました。

それは人間より短い人生を送る犬や猫、他動物のことです。
この4年はどんなにどれほど長い年月に感じたことでしょうか。

震災で飼い主さんと離れ離れになってしまった動物、特に犬猫たち

飼い主と一緒に避難できなかった犬猫たち。
※全日本動物専門教育協会さまのサイトによる画像の一部
rp_vol4-08










特に福島では、原発事故があったため、原発周辺地域から急遽避難した
人たちが手放さざるを得なかった犬猫たちが沢山いました。
家族のように大切に飼われていた多くの犬や猫たちが警戒区域に取り残されました

周辺地域で保護されたり、あるいは避難のためシェルターに持ち込まれたりもしました。
シェルターで過ごし、飼い主さんが分からず里親募集もされますが、
現状では中々うまくいっていなく、処分されてしまう犬猫も日々います。


飼い主と生き別れたペットの苦しみは終わっていません。
東日本大震災で、人間の命とともに大きな傷を負った「いのち」があります。
ペットとして飼われ、ある日突然、身寄りを失った犬猫たち、

人間同様、大切な命をどうか見捨てないでほしいです


NPOや個人ボランティアさんの手で救い出され多くの命があります。
しかし、いまだに飼い主が分からなかったり、仮設住宅暮らしでペットが
飼えなかったりという理由で、行き場のない犬や猫も少なくありません。
このような「小さないのち」を一頭、一匹でも多く繋ぐために、出来ることから
行動にうつし、活動をしていきたいと思っています。

来月はペット災害危機管理者4級認定講座のセミナーを受けます。
ペットの身を守ることを重点に基本的な災害危機管理の知識を習得します。

東京都心にもこれから大地震がきます!
万が一ではないかもしれない。もうすぐ、いや明日にも来るかもしれない大災害。
避難しなければいけない時、私は愛犬の飼い主としてどう行動し、何か出来るのか・・・
学んできたいと思います。
家族同様のペットの安全確保は飼い主の行動にかかっています。

まがりなりにも愛犬家のはしくれとして
IMG_0216













2015年3月11日
武本眞由巳
武本幸江