2016年8月15日

宮城県にある港町、亘理町で行われた”わたりふるさと夏まつり”に参加させて頂きました。

ポスター




















亘理町という所は仙台から南へ約20劼曚瀕イ譴紳席人留茣漾阿武隈川の河口に
位置する町です。郷土料理のはらこご飯やいちごが有名で、
温暖な気候で
過ごしやすい港町と言われています。

2011年3月11日の東日本大震災では
マグニチュード9.0の大地震と15mを超える大津波がここ亘理町を襲い、
死者数257人、行方不明者3名が犠牲となってしまいました。

あれから5年半、まだ復興が追いついていないところがありますが、昨年あたりから
夏まつりを再開されるようになったようです。今年の夏まつりは大道芸人さんに
亘理町を盛り上げてほしいというご要望があり、東京から3組のパフォーマーさんを
連れて行かせて頂きました。仙台から常磐線に乗り換えて亘理へ。
駅までお迎えにきて頂き、荒浜へ向かいました。荒浜へ着くまでの間、車内で
震災当時のいろんなお話を伺いました。車内から見渡す亘理町は建物が少ない広々
とした大地でしたが、、、それは津波の影響で家屋や会社、商店、学校などが流されて
しまったからなのです。当時の凄まじさを感じました。

おまつり会場は海のすぐそばにあります。
荷物をおいた後、海の方へ私の脚が向きました。
お天気があまりよくなかったせいか、海が少し荒れているようにみえて仕方がない
この海があの津波・・・
と思うと胸が痛みました。
IMG_7694IMG_7695










まだ時間が早かったので、人が疎らでしたが、亘理町の観光PR係長
 
わたりんが現れ、段々、人が集まり出してきました。
写真 3












今日のために地元の皆さんが作って下さった立派なステージでリハーサル
写真 1写真 2










本日のタイムスケジュール
ハードですが、みなさん頑張って下さい。
スケジュール






















バルーンパフォーマーYojiさんからステージショー
バルーンプレゼントに大喜びしていました。
写真 7写真 10










ぺるさんのマジックショーは大人気。
写真 11写真 15










ステージでのラストはCONROさん、
こんなにたくさんのお客さまが集まりました。
写真 24写真 16写真 27






こちらは屋台コーナー
ご家族同志が笑顔でご挨拶しながら、美味しいものを手にしながら、とても
楽しそうな雰囲気でした。
IMG_7696












各2回パフォーマンスを終えて控室に戻りました。これから着替えて東京へ戻ります。
右からYojiさん、ぺるさん、CONROさん
亘理町を盛り上げて頂き、ありがとうございました。
IMG_7801












帰るころには暗くなり、イルミネーションパレ―ドと花火があがりました。
IMG_7705












亘理町は確かに復興が進んでいましたが、6年過ぎても当時のことを
思い出すと胸が痛くなると話されていました。
何年たっても、忘れることなんて、できないと思います。
それほどの大災害だったのです。
きっと大切な家族や友達を
失われた方や大切な場所やふるさとをなくされた方々にとっては
想像以上の今の消えない、癒えることのない思いや苦しみを抱えて
いらっしゃるのだと思います。何も出来ない無力さを感じました。
しかし、今回、亘理町にお呼び頂いたことで、震災から今までの現状を
知ることが出来たので、知らない人たちへ亘理のことで感じたことを
発信していきたいと思っています。おいしいものも沢山ありました。
温かい人達にたくさん出会えました。楽しいことも伝えます。

亘理町のみなさん、運営スタッフ、ボランティアのみなさん、
お世話になり、ありがとうございました。
新たな町が生まれ、新たな命も誕生し、新しい家族も増えて、笑顔が
さらにたくさん増えますように心よりお祈り申しあげます。

追悼
震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申しあげます。
そして、行方不明になられた方々1日でも早く見つかりますように。

自然の脅威を忘れず

今、生かされていること
全てのことに感謝し、

愛する家族や友人、動物を日々大切にし、
日々、危機感を高め
防災準備を整える

出来ることからひとつずつ、行動

ゆっくりでも1歩1歩

今日という日を大切に