2016.11.17

今日は東京江戸川区にある江戸川総合文化センターに行ってきました。
近くには小松川境川親水公園というところがあるのですが、
とても閑静でいい環境の中にあるホールです江戸川市民ホール外観













江戸川区認可の私立保育園保護者研修会の式典の後、戦場カメラマン渡部陽一さんの
講演とeco実験パフォーマーらんま先生の公演が行われました
IMG_0270






















らんま先生は以前、渡部陽一さんと同じ事務所に所属されていらっしゃいましたが、
久々の再会となられ、大変喜んでおられました。

本番前のらんま先生
観客のお客さま数名へサインのプレゼントをして下さいました。
IMG_0276
















ひろ〜い楽屋
ご手配ありがとうございます!
IMG_0269
















渡部陽一さんの講演
これまでにジャーナリストとして取材で訪れた国の体験をお話され、
命の大切さについて語られました。ゆっくりと分かりやすく丁寧にお話される渡部さん、
本番以外のご本人も話し方は全く変わらず、ゆったりとしていて、心がとてもきれいな方でした。
IMG_0275
















続いて、らんま先生のショーがはじまります

・ジャイロ効果の実験から
ジャイロとは物体が自転運動をすると姿勢が保たれてバランスがとれる現象。
乗物のスクーターやヘリコプター、道具ではボールとかヨーヨー、そして
今日、実験するコマもジャイロ効果が出ているのです。
らんま先生はディアボロとうコマを使いました。

ディアボロはお椀2つの底と底をつけたようなかわいい形をしています。
個人的にこの形がなぜか好きです。操れるわけではないけど、みるのと触れるのが好です
このディアボロというコマの回転の速さがますほど安定した状態を保つことが出来ます。
これがまさにジャイロ効果というのもの
見事に操るらんま先生はさすが元プロジャグラー。
さすがに扱い方がうまし。既に冒頭から私も観客の子供たちも大興奮
P7240089_0 (1)












・空気砲
密閉したダンボール箱に円形の穴を1つ開けて箱の側面を叩くと
穴から勢いよく空気が飛び出すという科学の原理です。
箱の内部に煙を入れると空気の動きがわかるようになります。
このシーンの後、お子さまから大人の方まで多くの皆さまにチャレンジして頂きました。
ダンボールを手で叩くと白い渦が勢いよく飛び出していきます。
これが空気の力!スゴイ!
FullSizeRender
















・お水の実験
いつも生活の中で使っている水道のきれいなお水。
でも、地球全体の中で飲料水として、利用出来るお水はどれくりあるのでしょうか。
それは僅か0.01%しかないようです。お料理やお洗濯、お風呂など生活する中で汚れた
お水をキレイにするためにはどれくらい水が必要になるのでしょうか。
おみぞ汁200ミリリットルを川に流した場合、お魚が生きられるキレイな川に戻すには
浴槽8杯分1600リットルのお水が必要だと言われています
可能な限り、お水を大切に無駄のないように利用しましょうと
らんま先生がわかりやすく説明していました。らんま先生はイソジンに含まれるヨウ素液で
色をつけたお水に粉末状のビタミンCを入れて混ぜると透明なお水に戻ることを教えて下さいました。
IMG_0278

















・大気圧の実験(こぼれない水)

この実験は2つの力が働いていて、お水があみからこぼれないようになります。
上からの空気の重さ(つまり水の重さ)と下からの大気圧の力が働いています。
私達の頭の上には、はるかかなたまで空気があって、この空気の重さが私達の体を
押しているのです。上からも下からも横からも同じように押されるため、コップを
さかさまにしても下から押されている大気圧によってこぼれないのです。
次に表面張力(ひょうめんちょうりょく)と言って、水の表面には表面を出来るだけ
小さくしようとする力が働きます。この実験であみの目の間の水にこの力が働いて、
水が落ちないよう支えています。大気圧の力と表面張力の力を合わせた力が水の重さよりも
強くなるとコップを逆さにしても水がこぼれないのです
かえるさんの傘をさしているお子様と会場のみんなもハラハラドキドキでしたが、
大成功でした!!
IMG_0280
















・遠心力・回転
遠心力は円の運動をしている物体が回転の中心から外へ向かって進もうとする力の
ことをいいます。
水を入れたバケツを大きく一回転させても、中の水は落ちません
バケツの中の水に遠心力が働いているからです。
らんま先生は、地球型のバランス
ボールの上に乗り、液体の入ったボウルを回転させ、遠心力が働いている様子を
見せてくれました。お手伝いして下さったイソップ役のお客さま、大活躍、ありがとうございました。

IMG_0281
















とてもユーモアたっぷりで、充実感のある楽しい学校の授業のような
公演になりましたらんま先生、1時間公演ありがとうございました。

本当にとてもわかりやすい、専門用語を使わない説明なので、小さなお子様から
お年よりまで幅広くお楽しみ頂けました。地球環境へのメッセージを込めた心あたたまる
eco実験パフォーマンスです!

らんま先生は以前、学校の先生を10年間、されていたことがあります。
環境のことを考え、それを追求するために退職され、ジャグリング、マジックコンテストで
優勝したパフォーマンス技術を生かして環境問題と科学実験、パフォーマンスを融合させ、
日本で初めての「環境パフォーマンスショー」を作りました。
2009年には環境省認定の環境カウンセラーとして、日本初の環境パフォーマーとしての認定を
受けました。その後数々の賞を受賞され、昨年、テレビ東京系列のテレビチャンピオン番組
スタッフが制作した夏休み特番「おもしろ科学実験王決定戦」にて見事に優勝され、
初代実験王になられました。


このような素晴らしい経歴の持ち主です。
いつもらんま先生は公演を終えた後、最後に全ての関係者さまへ御礼の言葉を述べられます。簡単に出来るようで、中々、ここまで丁寧に言うことは照れくささもあり、難しいと思います。毎回、その言葉を聞き、らんま先生の謙虚さに頭がさがり、尊敬の念を抱きます。会場内のお客さまの皆さま、クライアントさま、会場のスタッフ関係者さま、そして本日、お手伝い、アテンドをして下さいましたマネージャーさん、またはスタッフさん・・・と言って後方をさすのです(こ、これはわたし??)その時、会場の皆さまが後ろへ振り向き私はほのかに注目をあびます。この瞬間はウルウル、、最後の最後のセリフは「みなさまの支え、ご協力があって、無事にショーを行うことが出来ました。みなさまのお陰です。ありがとうございました」と仰り、らんま先生は深々とお辞儀をされます。大喝采がおきます。緞帳がしまっても大喝采!

本当にいつも誇りに思います。
らんま先生、お疲れさまでした。
素敵なお仕事を今日もご一緒させて頂き、ありがとうございました