KBUKI DINNER SHOW 


2017年9月4日(月)
芝公園にあるTHE PLACE OF TOKYOで開催されたディナーショー
"KABUKI JAPAN SHOW"にエージェント関係者さんと行かせて頂きました。

数回、ブライダルや企業パーティーで来させて頂いたことのある
プレイスオブ東京、東京タワーが目の前で真上にある、贅沢なパーティースペース
プレイスオブ東京エントランス













今夜こちらで行われるKABUKI JAPAN SHOW は国内外で活躍されている
歌舞伎企画の会社、雅屋(みやびや)MIYABIYAさんによる歌舞伎パフォーマンスです。
神楽大蛇











美味しいディナーと共に、日本の伝統芸能である「歌舞伎」や日本文化を表現した音楽、アクロバットやダンスなど現代パフォーマンスが楽しめる和風エンターテイメントディナーショー!演目は、歌舞伎の有名人気演目「連獅子」を軸にした「KABUKI JAPAN SHOW」実演には元大歌舞伎の俳優三代目市川猿之助(二代目猿翁)一門で修業した伊右衛門ほか、忍者アクロバットや殺陣アクション、ダンスや和楽器の一流プロが集結。

伊右衛門さんが雅屋の代表をつとめられている二村幸雄さん。
元大歌舞伎の俳優3代目市川猿之助一門で6年修行され、腕を磨かれた後、退団、独立、
俳優傍ら子供歌舞伎講師職をされていました。その後、2009年に現在の雅屋を設立し、歌舞伎
のおもしろさの世界発信を念頭に活動されてます。

ライブで観れる歌舞伎パフォ‐マンスがとても楽しみです。
歌舞伎といえば歌舞伎座や演舞場など、決まった場所でしか観たことがありませんが、
今夜はまるで逆なリゾート地のような空間での歌舞伎パフォーマンスを観ることが体験
出来るなんて、嬉しくてドキドキします!

カーテンをあけているときのお昼間のパーティールームの雰囲気はこんな感じです
このシャンデリアが連なるお部屋で歌舞伎ショー???
place









時間になったので、受付をしました。垂幕の看板のデザインがステキです!SHOWのOの文字部分が日ノ丸の赤色になっていました国際的
会場入り口看板










連獅子の垂幕も色鮮やかできれいです。会場に入るまでのロビー空間は
歌舞伎一色なあらゆる装飾ものがいっぱいでワクワクしました!

看板 連獅子














その連獅子によるオープニングパフォーマンス
IMG_0739












歌舞伎についての歴史や文化、陣取についての基礎を英語でご説明して下さいました。背景にあるスライドにイラスト付英語の字幕つきの解説がありました。これは初心者である方や外国人のゲストに安心してお楽しみ頂けると思います。
5FullSizeRender6FullSizeRender











鎧の殺陣師も登場
4FullSizeRender M
















その後、忍者パフォーマンスや和演舞など様々なアクトが続き、こんなに
ゴージャス感のあるステージに早かわり。かなりの迫力で会場はかなり盛りあがっていました
IMG_0759













連獅子さん会場練り歩き
白頭毛振りの勢いに圧巻!!! 天井まで舞いあがってる〜
IMG_0741












ショー終了後には各テーブルをまわられての記念写真サービス
赤頭の毛に包まれ、自分が守られているようで幸せでした。
なめらかでつややかで、まるで毛筆のような肌さわりが、忘れられません
1871 M雅屋さん M












帰るときの入り口エントランスにて撮って頂きました。
18701866












おしゃれな外観とロビーバーにあったモエ
18691865











この後、雅屋さんを知る共通のエージェンとさんである方と神谷町の美味しいおでんやさんで
飲んで帰りました。歌舞伎パフォーマンスのお話は尽きなく・・・・
今夜はステキな場所でステキな仲間と雅屋さんの素晴らしい歌舞伎
パフォーマンスをみることが出来て幸せでした。
お呼び頂き、本当に感謝しています。


歌舞伎初心者や訪日外国人旅行者に向けたインバウンドエンターテインメント
『KABUKI Dinner Show』でした。東京は「PARK RESTAURANT」と「THE PLACE of TOKYO」で
様々なお料理を戴きながら歌舞伎を楽しむことができるというスタイルです。

歌舞伎は伝統文化・芸能の中でも難しく考えて、構えてしまう人も多いのではないかと思いますが、
今夜の伊右衛門さんのMCはとてもわかりやすく、丁寧で、またユーモアがあって、楽しいです。
外国のゲストにとられてもこれはステキなおもてなしになられますね。


今回ステージ制作に携った雅屋(みやびや)代表の伊右衛門さまは
国立歌舞伎俳優養成所を卒業後、藤間紫の誘いを受けて三代目市川猿之助(二代目猿翁)の
一門おもだか屋に入門。6年間の下積みを経たのち、2009年から歌舞伎の面白さ、楽しさを世界へ
発信するために雅屋としての活動を開始されました。歌舞伎役者としての修練を積んだ者でなければ
演じられない「傾き」の精神を体現し、国内各地、そして海外でのEXPOや大型イベントなどでも実績を
積んおられます。歌舞伎に習熟した役者たちによる本格的な雅屋さんの歌舞伎実演をより多くの
方に知って頂きたいです。